スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シタン先生の一言(その1)

こんばんは、シタン先生です。


日テレの小泉首相ドラマを見ました。

「まぁ、こんなものですね」

特に何の意見もありませんでした(マテ

あ、亀井さんは仕草とかが似てましたね。
小泉さんもなかなか。
あと、日テレの質問内容に失笑w


てか、そんな暇があったら勉強しなきゃいけなかったのに…orz

英語・政治史…いよいよまずいことになってきました。



細かく言う話題でもないので詳細は割愛しますが、要は見通しが立ったと思っていた私が甘かったって事です(><)


まぁ、今さら何を言っても遅いので、今は自分のすべき事をコツコツとするしかないわけですが。それで、駄目だったら、その時はその時ですね。

お粗末ながらも、こうやって記事を書いているので、精神的にはどこか余裕があるのでしょう。シタン先生はまだまだ大丈夫です(笑)

さて、もう少し頑張りますか!!


今回も読んで下さりありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

個人的には、小泉テレビドラマの内容が知りたかったです。

小泉は、首相と国民のストレートな関係を築いたとして評価されますよね。それ以外に、何か評価すべきポイントはあるんでしょうか、と思う今日この頃です。

郵政民営化の議論を思い起こしてみます。
それは、郵政民営化をした方が、財政的、経済的には好ましかったでしょう。ですが、それ以外の社会保障、医療保険の問題などは敢えて選挙では争わず、郵政民営化の議論に一点集中しました。

仮に、国民との距離を縮めたとしても、他に重要な争点がある中、問題を単純化する小泉は馬鹿げています。分かりやすくても、解決すべき問題は他にあるということを考えてほしいものです。

小泉を支持した人も、小泉自身も再度、郵政民営化の意義について考察するべきです。ほんと、大した意義はないと個人的には思いますが…。もちろん、郵政民営化と社会保障の問題、医療保険の問題も関係がなく、改善されません。なぜ、あの時点で郵政民営化だったのでしょうか。
私もあの時期は、小泉の単純化の論理に踊らされていた感が多少ありますが、やはり間違っていたと、私は認識したいと思います。

長くなりましたが、まとめられなかったので失礼しました。

はらださん、お疲れ様です☆

コメントを活用させて頂きましたm(_ _)
m

よかったら、御覧になって下さい♪

ではでは、コメントありがとうございましたノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。