スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『とは何か』レビュー

こんばんは、シタン先生です。


英語がまったく読めません!!
わけもなくイライラ→ダラダラを繰り返しているような…(汗)


記事をアップしたら、また英語野郎と戦ってきます!!
…今夜も眠れない(涙)



今回は、木佐芳男氏の『<戦争責任>とは何か』を簡単にレビューしようと思います。

では、いってみましょう。

木佐芳男『<戦争責任>とは何か-精算されなかったドイツの過去-』中公新書 2001年


<本書の紹介>
 一般に、日本の戦後責任・戦後補償といった問題を考えた時、ドイツとの比較の観点から批判されることが多々ある。しかし、著者は実際にドイツの人々の話を聞き、資料を調べる中で、ドイツの戦後責任・戦後補償における問題点を指摘、さらには、それらの問題点の根底にあるドイツ人の心理を暴き出すなお、本書は基本的にドイツの戦後に重点を置いており、日独の単純な比較はしない。しかしながら、日本において似たような問題がある場合は、日本の事例も書くことで、両国の差異を提示し理解の助けとなるように配慮している。


<シタン先生の感想>
 普通の新書よりも若干ページ数が多い気もしますが、文章自体はそれほど難しくないので、さほど時間はかからないでしょう。個人的には、本書を読んでの発見が多々ありました。もちろん、筆者の言うとおりドイツと日本とは違う部分があり安易な比較は危険ですが、それを意識した上で読んだ時、日本の戦争責任を考える上で何らかの示唆を与えてくれるかもしれません。若干ドイツ批判に片寄っている印象もなくはないのですが(一応のバランスはとられているように思います)、そこに留意して頂ければ、一読の価値は十分にあります。

 ※かくいう私は、ダラダラ読んでいたので時間がかかってしまいましたが(´・ω・`)


今回のレビューはこれにて終了です。今回も読んで下さってありがとうございました☆それでは♪


もしかしたら、英語のペースを掴むまでは、政治系の読書レビューがおろそかになってしまうかも…。
その時は、気長にアップを待って下さいませm(_ _)m



応援クリックよろしくお願いします!!



“戦争責任”とは何か―清算されなかったドイツの過去
木佐 芳男
中央公論新社 (2001/07)
売り上げランキング: 247,526
スポンサーサイト

テーマ : 戦争・原爆
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

おはよです^^

これ読んだことある!って思って探したら
私が読んだのは「戦争犯罪とは何か」でした(:^ー^A
比較がないのは残念ですが
得るものは多そうですね^^
レビュー期待しています☆

「戦争犯罪とは何か」とは新書ですか?なかなか面白そうですね♪

それにしても、比較というのは難しいんですよね(汗)比較する者がどれだけ双方のことを知っているかで、比較の質も変わってしまうような…。

私も、以前2人の研究者の比較研究をしようと目論んでおりましたが、その難しさの前にあっさりと粉砕されてしまいました(苦笑)

ドイツの戦後補償研究を知る一冊と捉えてくれれば間違いないと思います(笑)

ではでは、コメントありがとうございましたノシ

ちょっぴりお久しぶりです。
8月に入った途端に忙しくなって、最近自分のブログの更新すら危ないですよー・・・orz

ドイツと日本の戦後保障ですか、確かによく比較されますね。僕も、専門に研究していらっしゃるドイツ史の先生と縁があって何度か話を聞いたことがあります。

確かに安易な比較はできませんが、政治の戦争責任への向き合い方にはドイツと日本に大きな違いがあると思いますねぇ。
歴史教科書問題に顕著ですけど、過去の戦争への評価について、基本の軸がずいぶんずれてきたなぁと思うんです。そんな中で先の戦争を責任問題も含めてとらえ返す議論が起こってほしいものです。

当面は英語の学習ですか?がんばってください(^^;
それでは~。

秋さん、ちょびっとお久しぶりです!(笑)

>8月に入った途端に忙しくなって、最近自分のブログの更新すら危ないですよー・・・orz

僕も何だか忙しくなってきましたねぇ…。友人からは「最近、レビューに迫力がない」との強烈な一言( ̄□ ̄;)すみません、図星です(マテ

>確かに安易な比較はできませんが、政治の戦争責任への向き合い方にはドイツと日本に大きな違いがあると思いますねぇ。

現に、日本とドイツが比較された場合、その対応が異なり、加えて日本は批判されることがあるという点を、しっかりと押えていなければなりませんね。その上で、上記の本を読んで頂くと、ちょびっと面白いことになるかも知れません☆

>歴史教科書問題に顕著ですけど、過去の戦争への評価について、基本の軸がずいぶんずれてきたなぁと思うんです。そんな中で先の戦争を責任問題も含めてとらえ返す議論が起こってほしいものです。

具体的なことは、ちょっと分からないのですが、やはり戦後60年を経過すると何らかの点で変わってくるところがあるのかも知れませんね。マスコミでも知識人の方がちょいちょい言われますが、「我々の手で戦争の総括を」する時がきたのでしょうか…。

>当面は英語の学習ですか?がんばってください(^^;

これは、頑張らなきゃいけないですね!!今日の勉強会で痛感しました(汗)

ではでは、コメントありがとうございましたノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。