スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美しい国へ』レビュー

こんばんは。シタン先生です。

昨日の記事の用意ができたので、大学の前期授業終了打ち上げという意味で…、

新書を読みました(マテ

読むのに、時間がかかっちゃいましたが(汗)

ということで、今回レビューするのは、安倍晋三氏『美しい国へ』です。

では、いってみましょう。

安倍晋三『美しい国へ』文春新書 2006年


<本書の紹介>
 安倍氏の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍氏が持っている見解を自ら紹介する書。


<シタン先生の感想>
 ところどころ、理解しにくい部分はあったものの、全体的にはかなり理解しやすい本。「若い人たちに読んで欲しい」という筆者の言葉通り、なるべく、平易な言葉・短い文章で書かれているのが大きな特長。また、次期総理・総裁候補として注目を浴びている筆者の問題意識やビジョンを探る上でも、この本を読むことは有用である。


<シタン先生の疑問点>
・筆者の言う「開かれた保守主義」とは何かが分かりにくかった。
・筆者が批判する「偏狭なナショナリズム」がよく分からなかった。
・筆者のアメリカ理解に関する記述が分かりにくかった。


※まだ、疑問点はあるのですが、やりすぎるとネタバレ度がひどくなってしまうので(笑)しばらく時間が経った時に、要約や反論などを加えたレビューをするかもしれません。


今回も読んで下さってありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!



美しい国へ
美しい国へ
posted with amazlet on 06.08.03
安倍 晋三
文藝春秋 (2006/07)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 私は、安倍さんこそが、次期首相として最も相応しいと思います。。。

 あの著書だけだと判りにくいかもしれないから、山本一太さんの書いた本(「なぜいま安倍晋三なのか?」)も合わせて読むとイイかも。。。(こっちも非常に読みやすい)
 
 政治家の個人的な魅力、能力とはどういうものなのかがよく判ると思います。。。
 
 理論じゃなくて、具体的な政治家像を勉強することも重要じゃないかな?

おはよです^^

個人的には消費税を上げるってちゃんと言ってる人(だれだっけ?)も
まともといえばまともかと思っています。
安部氏を応援してる山本一太氏が大嫌いなので、手放しで安部氏は応援できません。
あと、この本には日本をどうしていきたいというのは書かれているんでしょうか?
報道を見る限りでは、あまり安部氏自身のビジョンが見えてこないものでして。
ネタバレの次回の記事に期待しておきます(^-^)
ということでポチっと応援しておきますね。

え、どうして?!

> 安部氏を応援してる山本一太氏が大嫌いなので

 へぇ、そうなんだ。。。

 ちなみに、どういう理由なんだろう?(--ゝ?

(参考までに聞かせてもらえますでしょうか?(^_^))

Jun♪さん、お疲れ様です☆
> あの著書だけだと判りにくいかもしれないから、山本一太さんの書いた本(「なぜいま安倍晋三なのか?」)も合わせて読むとイイかも。。。(こっちも非常に読みやすい)
>理論じゃなくて、具体的な政治家像を勉強することも重要じゃないかな?

その本も気になるので是非読んでみようと思っていました☆政治家の人間像について学ぶことは確かに有益かも知れませんね。吉田茂のレビューもそのような観点からして意義があるなぁと考えていました。

ではでは、コメントありがとうございましたノシ

シンさん、お疲れ様です♪

>個人的には消費税を上げるってちゃんと言ってる人(だれだっけ?)も
まともといえばまともかと思っています。

それは、恐らく谷垣財務相です。様々な限定を加えていますが、そのように明言されています。確かに、私も「勇気があるなぁ」という印象を持っています。


>あと、この本には日本をどうしていきたいというのは書かれているんでしょうか?

管見の限りでは、ある程度は書いてあると思いますよ(社会福祉・外交・国防など)。


>報道を見る限りでは、あまり安倍氏自身のビジョンが見えてこないものでして。

まだ、彼自身は出馬表明していませんからね(苦笑)ただし、「格差の固定化の防止」などはマスコミでも時折言われていることだと思います。これからに注目ですね。


>ネタバレの次回の記事に期待しておきます(^-^)

シタン先生流のレビューができるように頑張ります!!ご期待下さい(`・ω・´)

ではでは、コメント&応援ありがとうございましたノシ

こんばんは

>ちなみに、どういう理由なんだろう
お返事遅くなりました。
とりあえずは生理的に嫌いというのが先にあったりします。
(まぁこれは理由になりませんね)
でもって、色々なTVでの発言を聞いている限り
(何がと聞かれるとあまり記憶にのこってないので困るのですが)
その意見の多数が私の考えとは食い違ってる
もしくはあまり論理的ではないと私が感じたというのが理由です。
最近では、あの安部氏を応援するパフォーマンスが
どうにもダメっていうのもあります(特に唄)。
政治の詳しい流れはいまちち勉強不足なので
偉そうには語れないのですが
どうも一貫してないイメージがあるのも理由の1つです。
(以前、父と似たような話をしたら、父もこの点には同意でした
 だからどうだということもないのですが)
いまいち抽象的な理由ですみません。
政策等に対する不満点を憶えていたら
もう少しまともな返答ができるのですが・・・

シンさん、お疲れ様です。

>とりあえずは生理的に嫌いというのが先にあったりします。

これは、好き嫌いの問題なので、私も致し方ないことだと考えます。ただし、これから情報を収集するにあたって考え方や好みにに変化が生まれることもあると思います。


>でもって、色々なTVでの発言を聞いている限り
>その意見の多数が私の考えとは食い違ってる
>もしくはあまり論理的ではないと私が感じたというのが理由です。

私自身、山本さんや安倍さんの政策(もちろん、彼らに限らず総裁選候補者全員)はまだまだ把握していないので、これからもっとよく知る必要があると思いました。
このブログで、各候補者の主要な争点などをまとめてみるのも面白そうですね♪


>最近では、あの安倍氏を応援するパフォーマンスが
>どうにもダメっていうのもあります(特に唄)。

私は唄のことを最近知ったのですが、やはり驚きました。
これも、彼なりの戦略なのかも知れませんね。

政治学を学んでいる者として、私見を述べさせて頂くと、総裁選に関してやはり従来の派閥政治は力が弱くなっているという印象があります。山本氏の考えを勉強しているわけではないのですが、彼はより世論にイメージとして訴えかけることで、党員票や派閥を越えた支持を取り付けようとしているのかなと思いました。やはり、現在は世論の動向というのも、総裁選を左右する要素なのかも知れませんね。


コメント、ありがとうございました☆時間がある時は総裁選の情報も提供していこうと思うのでそちらの方もご期待下さいノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。