スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲド戦記」レビュー

こんにちは。シタン先生です。


昨日は、友人と『ゲド戦記』を見に行ってきました。

今回はそのレビューです。ここでは、ネタバレしない程度に書こうと思います。

また、特に物語をメモしているわけでもないので、少々不正確かも知れません。予めご了承下さい。
※ちなみに、原作は見ていません。




<映画開始前>
 公開してから、しばらく経つからか…思いの外、観客が少ないように思いました。それでも、見に来た方は楽しみにしている様子でした。私自身は、前評判を知っていたので少々不安な気持ちでした。


<物語序盤>
 この時点では、まだまだ判断がつきません。布石を打っているような印象を持ちました。主人公アレンとテルーの出会いのシーンはよかったように思います。


<物語中盤>
 テルーの描かれ方は、よかったかなと思います。


<物語終盤>
 ( ゚д゚)ポカーン


<映画終了後>
 やはり、釈然としない表情で映画館を後にする方が多いように思いましたが、その一方で、感動の涙を流したり、「ジブリ作品は違うなぁ」と言う人も。もちろん、見方は人それぞれですからね。ちなみに、私は少々怒りを覚えました。



<シタン先生のコメント※ちょっとした、ネタバレ注意>
・監督が描きたいテーマと、「ゲド戦記」という一つの作品の持つであろうテーマ(世界観)が泣き別れしている。監督が描きたいテーマを重視しすぎたがために、作品が持つ本来の良さが消えているような気がしてならない。
※もちろん、原作を見ているわけではないですが。

・適度に観客に推測させるのは、いい作品だと思うが、それにしてもこの映画は謎や矛盾が多すぎる。その一方で、物語の核をなすべき主題は一から十までキャラクターが言ってしまっている。
※後半は、多くのレビューで指摘されていることですが、私自身その指摘に同意しているので、あえてこのブログでも書かせていただきました。
→そもそも、「2時間」という枠の中で扱えるような原作ではないように思われる。

・人間の描かれ方がいささか短絡的かなという印象。

・展開が早すぎる(特に後半部分)。これが一番残念




 と、ここまで書いてきたわけですが、ネタバレをしない程度の感想といったらこの程度でしょうか。ちなみに「魔法先生リリカル☆ハギま」さんで、より多角的で詳細なレビューがなされていたので、私のコメントはひとまずこれまでにします。


たまには、映画レビューというのもいいですね。しかし、滅多に映画には行かないので次回の映画レビューはいつになることやら(苦笑)



今日も読んで下さってありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!



テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
手嶌葵 宮崎吾朗 寺嶋民哉
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2006/06/07)



スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」
手嶌葵 宮崎吾朗 塩谷哲 小倉博和 中脇雅裕 フェビアン・レザ・パネ
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2006/07/12)



ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
寺嶋民哉 カルロス・ヌニェス
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2006/07/12)


スポンサーサイト

テーマ : ゲド戦記
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画感想】ゲド戦記見てきたお【レビュー】

まさに前評判通りのヤバさ!!こんな劇場作品があっていいのか‥‥‥   ハギ=スプリングフィールド初めに━━━私は原作未読者です。また、ジブリ作品に関して特に思い入れがあるわけではないです。と

コメントの投稿

非公開コメント

デートか~!

違いますよ(^^;
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。