スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙がありました。

こんにちは、シタン先生です。


この時期の更新ということは、何の記事かはお分かりでしょう。

まぁ、えらいことになりました。

民主圧勝という報道はここ数日ありましたが、いざその結果を目の当たりにすると少なからず衝撃を受けます。

自公の下野は確実なことになりそうです。


そんな中、ひとつ印象的なことが。

それは「追い風」、「逆風」という言葉、そして何より自民党候補の「流れは必ずこちらに戻ってくる」旨の発言です。

前回の衆院選では自民党に風が吹き、そして今回は民主党に風が吹いたということでしょうか。

つまり、発言された方々が、将来的に「必ず揺り戻しがある」と予測していることになります。

確かにそうかもしれません。

しかし、一方で大物議員を中心に自民党が変わる必要性、自民党の制度疲労に言及された方も多々いらっしゃいました。

自民党の当選者も万歳の時に笑顔でされた方はほとんどいらっしゃらなかった点が、自民党を取り巻く厳しさを物語っているような気がします。

確かに「風」的な面もあるとは思いますが、これを機に自民党として何らかの手を打たなければ流れが固定化されてしまうかもしれない。自民党で当選した方が具体的にどう動くのかは注目です。

同じことは民主党にも言えるでしょうね。今回の大勝で政権党になりますが、その時に党のゴタゴタやスキャンダルはもちろん、政策に関しても不一致が目立つようなことになれば、期待が一気に失望に変わるでしょう。一気に大所帯になった民主党を取りまとめることができるかが一つのポイントになります。

そうなると、両党とも今後のポイントはあんまり変わらないのかもしれませんね。

「人」を取り巻く動き、その今後に注目です。

とりわけ自民党。それぞれの議員が「改革」を志向するとは思うのですが、それを国民の支持が得られるようにベクトルを一本化できるか。それとも、反発するベクトルによってさらなる崩壊の道をたどるか。個人的には、自民党のこの問題が、自民党の行方のみならず日本の政党政治の行方にも強くかかわっているように思えてならないのです。


一方で、前回更新の時に言及したマニフェスト。今回は民主党が責任を負う側になりました。

まぁ、実行度合いの評価は難しいですが、それもチェックする必要はやっぱりあるのでしょうね。

財政、景気問題、安全保障、教育、外交、問題は山積みです。


これからの民主党を「厳しく」チェックしたいと思います。


ではではノシ
スポンサーサイト

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。