スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『劇場政治の誤算』レビュー

こんにちは、シタン先生です。


眠いです。体調もあまりよくありません。

どうしたものか…。まぁ、日頃から偏った食事しかしていないことが一番の原因でしょうね。わかっちゃいるのですが…。


さて、今回はまたまた経済関係の本をスルーして、最近私が読んだ本をご紹介いたします。経済関係の文献については、現在進行形で読んでいる最中なので、もう少しお待ちくださいませ。

加藤絋一『劇場政治の誤算』角川oneテーマ21、2009年。
自民党の衆議院議員の近著。端的に言うと、新自由主義(具体的には小泉・竹中構造改革路線)批判そしてグローカリズムの提唱、そして筆者なりの自民党論。「自民党は使命を終えた政党」などと少々刺激の強い言葉も使うが、基本的にはていねいな書き口で非常にわかりやすい。
ただし、内容的に見れば、さまざまな場所でなされる、昨今の新自由主義や政府批判を一つにまとめたようでもあり、オリジナリティという点では少々物足りなさを感じる。わかりやすい議論であるだけに、著者の議論を批判的に受容する必要もあるだろう。それでも、政治家の著書としては所謂「良書」として位置づけてもよいのではないか。


評:4(著者の考え方に対して肯定的な人も否定的な人も、一度目を通してみるのがいいのではないか。リーズナブルで読みやすいのもgood)





今研究室なのですが、帰って夕食を食べないと…。そういえば、朝から何も食べていませんでした。

あ、新しいラーメン屋ができたらしいからそこにいってもいいなぁ…。


ではではノシ
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。