スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年9月の読書(5冊紹介)

こんにちは、シタン先生です。


さて、再開後の記事第一弾として、前回の予告どおり2008年9月にシタン先生が読んだ本の中からいくつかを紹介していきます。評価は基本的には5段階で。


土屋つかさ『放課後の魔術師』角川スニーカー文庫、2008年。
個人的には『レンタルマギカ』シリーズの方が好きなんだけど、このシリーズも中々面白いです。キャラクターの設定としては「魔法先生ネギま!」に近いのかな…あんまし知らないけど(オイ)。
「論理魔術」というのを駆使しての魔法バトル。個人的には、バトルシーンの描写も中々新鮮ながら、それよりもメインキャラクターの先生と生徒とのやり取りが好き。バトルシーン自体は、魔法バトルというよりは、戦略シュミレーションのそれに近い気がします。

評:3.5(サクサク読めるし何よりも値段がリーズナブルなので。内容は普通)





ジョージ・ソロス著、徳川家広訳『ソロスは警告する』講談社、2008年。
非常に面白い。が、彼のいうところの「再帰性の理論」の全体像をいまだにつかめない。めちゃくちゃ難解。「理論」と銘打ったところで、実際は彼の職人的「感覚」によって市場を渡ってきたのではと思ってしまう。いや、実際に感覚の哲学なのかもしれない…。「再帰性の理論」が具体的に市場に対する判断基準としてどう生きてくるのか…これは個人的な関心であり、疑問点です。

評:4(時期的にもタイムリーだし、哲学としても興味がわく一冊。お勧め)





中川秀直『官僚国家の崩壊』講談社、2008年。
所謂「上げ潮派」(昨今の「100年に一度の恐慌」の中でこの言葉もめっきり聞かれなくなりましたね)のドンと言われていた中川秀直氏の著作。ポイントの一つは、著者と「ステルス複合体」(各界上層にいる「劣化エリート」)なる存在との対立、そして彼らに対する対抗としての(小泉)構造改革。
僕も、小泉構造改革の特殊性について興味を持っているので、その中枢を担ったであろう筆者の説明はなかなか面白い。また、個人的には日経新聞の記者出身である筆者による、現代の政治記者に対する評論を興味深く読ませていただいた。
しかし、個人的に不満なのが、何故このような著作をあらわしておきながら、現代の政治(あるいは政局)の中で、彼らが存在感を持たないのかということ。

評:3(なかなか読みやすい。だが、いかんせん「生モノ」なので、読むならばお早めに。安易に筆者の議論に乗るのも考えもの。それぞれの陣営にそれぞれの主張があるでしょうから)





高橋哲哉『国家と犠牲』NHKブックス、2005年。
靖国問題の本質を「尊い犠牲」と考え、そのレトリックに潜む陥穽(国家と「犠牲」)について指摘した著作。国家のための「尊い犠牲」というのが、あまりに我々の中に馴染んだレトリックだという点には全く同意。
ここから先については、論争があることは百も承知なので特にここで言及はしません。興味がある方はどうぞ。再び靖国論争に関する本を読みたくなった。

評:3.5(安さ、読みやすさ、着眼点など)





STEPHEN P. WILLIAMS“How to Be President”CHRONCLE BOOKS,2004.
※普段、英語文献は引用しないので、引用方法を忘れてしまいました(汗)
英文。ただ、そこまで難しくはない。大統領になるまで、そしてその後の生活などが書かれているが、初めての情報が多く勉強になった。政治学を専攻するといっても、大統領の日常については案外知らないもの。
大統領も大変ですよ。

評:4(なかなかいいですよ。お勧めします)





以上、2008年9月に読んだ中から5冊ほどを紹介しました。ネタばれはいけないので、気になった方ものがあれば書店に足を運んでみてください。最後の一冊以外は、比較的容易に手に入ると思います(丸善なら余裕でOK)。

次回は、シタン先生が最近読んだ本の中からいくつかを紹介したいと思います。もっぱら、経済関係の著作になると思います。


【雑記】
内定が出て、お世話になった方々にお伝えしている最中。いやな報告の時はお互いに気まずい雰囲気になるけど、やっぱりいい報告の時は声のトーンが高くなりますね。久々の感覚です。また、新たな目標に向けてスタートを切りました。ただ、唯一の不安が健康問題。ぶっちゃけ不眠です。寝付けないまま朝を迎え(一時間から二時間は眠る…というよりは意識が落ちる…ているので大丈夫ではあるのですがorz)そのまま大学院パターンが最近続いております。まぁ、コーヒー飲んでれば何とかなりますし、眠たくなれば眠ればいいんですよ。そこが大学のゼミでない限りは(オイ


最後まで読んでくださりありがとうございました。ではではノシ

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。