スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮によるミサイル発射に関して

こんにちは。シタン先生です。

サッカー・・・。実は眠りこけていて、それほど見ていません(涙)起きてはいたんですけど。

にしても、フランスがまさかここまでやってくれるとは。決勝まで出てくれたら面白いとは思っていましたが・・・。
ということで、
決勝戦 「イタリア×フランス」
三位決定戦 「ドイツ×ポルトガル」
ということになりました。

夢のような対戦キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n゚ー゚)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・

さて、日本のマスコミは、ミサイル関係一色ですね。

たまには、時事ネタに対してコメントするのもわるくないかも。いい気分転換になるし。

ということで、今回は北朝鮮のミサイル発射について、私なりの見解をまとめてみました。

北朝鮮の瀬戸際外交を考える際のポイントは、北朝鮮の目的。北朝鮮は「体制の存続」を最優先に考えているのです。これは、アメリカ政府元関係者(名前が思い出せない・・・)も認めていました。今日は、このポイントを考慮して今回の事態を考えてみましょう。
<理由>北朝鮮とアメリカが戦火を交えた場合、北朝鮮が勝つ可能性はない。しかし、カードを全面的に捨ててしまった場合。なし崩し的にアメリカのペースにのせられてしまい、体制が崩壊する危険性がある。

 日本は北朝鮮のミサイルに、例え一発でも過敏に反応することは先方も承知済み。日本を騒がせて、アメリカに対する期待感を高め、ひいては日米同盟を根拠にアメリカが動くような環境を作り出す。しかし、アメリカはイラクの件もあり、経済制裁以上に強硬な措置に出ることはない。結局、現時点では交渉の他に事態を打開する術がないのである。
※ただし、テポドン2がアメリカ近くまで飛んでいれば話は別。従って、あえて北朝鮮がテポドン2を日本海に落としたとも考えられる
 安保理に付託されたとしても、中ロは経済制裁に対しても反対するのは明らか。また、経済制裁と言っても、中ロ韓が援助をやめることはありえない。この三国が経済支援をやめた場合、遅かれ早かれ北朝鮮の体制は崩壊し、大量の難民がこの三国に押し寄せる可能性があるからである。それに、金正日体制後にアメリカ主導で復興がなされた場合、中ロにとっては勢力図上の問題も抱えることになる。今回は、テポドン2の示威効果・性能試験も狙いつつ、数多くのミサイルを発射した。これによって、今まで以上に危機感を煽り、より北朝鮮に有利な状況でアメリカとの交渉に持ち込む

・・・まぁ、妥当なところですか。にしては、いささかお金を使いすぎた感があることは否めませんが。


あと、疑問点が一つ。それは、竹島付近で確認された韓国の調査船。これは、今回の事態と関係があるのか?それとも、たまたまなのか。確かに、近日中に海流調査を行う旨発言していたようですが。
①確信犯説
韓国はミサイル発射の兆候をすでに察知しており、ミサイル発射の混乱にまぎれて海流調査をした。たとえ、発見されたとしても日本世論は北朝鮮関係中心となり、なし崩し的に調査が完了し、ほとぼりが冷める。
(疑問)しかし、ミサイルが発射されたとなると調査船や飛行機がやってくることは確実。そうなると、見つかるのは時間の問題ではないか。混乱に紛れることができていたかどうかは疑問。

②北朝鮮にはめられた説
韓国がこの日に調査を行うことを察知していた北朝鮮が、ミサイル発射をあえてその日、その時間帯にもってきた。これによって、韓国側は日本から「北朝鮮」とグルなのではないかという疑いをかけられる。必然的に日本との関係は悪化し、そこで北朝鮮が「民族が団結して日米に対抗」するという図式を持って登場し、南北融和ムードを作り出す。韓国からの援助を引き出す。
(疑問)やっぱり、これは無理があるでしょう。論理が飛躍しすぎています。

③たまたま説
たまたま、時間帯がかぶった。
※こっちのような気もするんですよねぇ。


うーん。まだまだ、分からないことが多すぎて困ってしまいます。秋さんのご指摘通り、マスコミの対応も気になりますし。

ってか何で、昨日の「ザ・ワ○ド」に拉□被□者□族会の増△さんが出てたの?


本当に分からないことだらけ。


今日も読んで下さってありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮ミサイル発射について
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北と日本と鬱な私

北朝鮮のミサイル発射。北朝鮮が何を考えているのか、どういうつもりなのか、まったく理解できないですね。この行動が北朝鮮にとってマイナスにしかならないっていうことははっきりしてるのに。与野党は何

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ~
しっかりした現実的な見方、さすがですねww

今のところ情勢の動きに予想外の事態はありませんが、アメリカ世論の一部で先制攻撃を支持する意見が出てきていることには注目しています。
アメリカが実際に攻撃に踏み切ることは・・まあないでしょうが、しかしありえないと言い切ることもできないと思ってます。
もしもそんなことになれば、また世界と日本の情勢は大激動ですね・・・。

まだまだ事態がどう転ぶかはわかりません(--;

あと、今頃ですが、トラックバック返させてもらいますね。ありがとうございました(^^

秋さん、お疲れ様です☆
>しっかりした現実的な見方、さすがですねww

 いえいえ、少々マニアックな見方かも知れませんwwあくまでも一つの見方ですよ♪


>今のところ情勢の動きに予想外の事態はありませんが、アメリカ世論の一部で先制攻撃を支持する意見が出てきていることには注目しています。

 それは、独立記念日に発射されたからだと考えます。そのような意見が出てもおかしくはないでしょう。
 個人的に予想外だったのが、韓国が思いの外強硬な姿勢になっているように思われること。表面的はアクションなのか、本気なのかはこれからの情報から判断しようと思いますが、仮に本気だとしたら北朝鮮にとっては経済的にかなりの痛手になると思われます。
※直接には関係ありませんが、民団と総連の和解が白紙になったことからも、ミサイル発射がもたらした影響は大きいのかも知れません。


>アメリカが実際に攻撃に踏み切ることは・・まあないでしょうが、しかしありえないと言い切ることもできないと思ってます。

 確かに、現時点で可能性がないと決めつけるには早いと思います。イラクとの二正面作戦を遂行するだけの戦力はありますから。ただ、もしそのような方向になったら、ご指摘の通り日本との関係で大問題になるでしょうね。怖いなぁ・・・。

適宜、このブログでもこの問題に関する、情報や私見を紹介していけたらいいですね。時間さえあれば(汗)

コメントありがとうございましたノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。