スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府知事選についての愚見

こんにちは、シタン先生です。


最近はコンスタントに、40/日アクセスして頂いているみたいです。皆様、本当にありがとうございます。


さて、先日大阪府知事選がありましたが、その結果橋本氏が当選されました。

二位に大差をつけての当選でした。

橋本氏の当選の是非については、拙ブログで論じることはできませんが、やはり実質的な「ダブルスコア」には私も注目しました。


大枠について言えば、大阪府知事選でしばしば見られるタレント票が今回も健在だったということでしょうか。メディアへの露出度、知名度で他候補を圧倒していることは言を待たないでしょう。ですが、私はそのレベルよりも先のレベルを進める必要があると思います。

ただ単に知名度・露出度があるからといって、それだけでは流石に「ダブルスコア」にはならないだろうと思うのです。実際、以前の府知事選では某野球解説者(一応、タレントの枠に入ると思います)は落選されているわけですし。


それでは、選挙投票の際どのような要素が働くかを勝手に考察すると…。
・知名度(露出度)
・政策(マニフェスト)への支持
・人柄への支持
・政治思想、信条への支持
・強力な支持母体の存在
・他候補に対する反発(→消極的な支持)

などがあるとおもいます。あ、政治学の文献等を参考にしたわけではないので悪しからず(汗)



このような観点から考えるに…、

・政策への支持…メディアの報道が正しいのならば、明確な政策は打ち出していない。
・人柄への支持…前府知事のときに、大阪が停滞したとのイメージがあり、それを打破してくれそうな人が求められていた。また、学者肌の熊谷氏よりは、テレビで分かりやすいフレーズを用いる橋本氏の方が、より親しみやすかった。以上のことから、橋本氏の方が、より市民に近い政治を行ってくれるとの期待があった。
・政治思想、信条への支持…この観点から、選挙戦が戦われたとの情報はない。
・強力な支持母体の存在…大阪の経済界は熊谷氏に対する支持との間で意見が割れたとの情報もあり。
・他候補に対する反発…確かに、政党色を打ち出した熊谷氏と異なり、橋本氏は政党色をあまり出さなかったようだ。しかしながら、民主党への支持はこれほどに低いとは考えにくい…。以前は、都市部に強い民主党というイメージがあったのだが…。


となると、やはり今回もっとも橋本氏に追い風になったのは、「人柄に対する期待」という要素なのでしょう。

ただ、これはあくまでも知名度・露出度と両輪をなすものではあるのは確かです。しかし、ただ「知っているから」という投票だけではなく、ある程度「積極的な支持・信頼」に基づく投票行動があったことも確かでしょう。これが、「ダブルスコア」への大きな要素になったのではないかと考えるのです。



そして、今後のことを考えるに、上記のような理由で当選したとするならば、「イメージ」次第で今後が大きく左右されることは間違いないでしょう。「イメージ」が一瞬にして逆転した例としては、前首相のことを想起して頂ければいいと思います。

また、議会勢力との衝突可能性も否定できません。その結果「改革」が進展しないとするならば、それをもが橋本氏へのダメージとなる可能性もあるでしょう。

さらに、もし仮に政策への知識がない場合、結果として議会や府職員の「側近政治」となってしまうとはよく言われていることです。

そう考えると、橋本氏はむしろ当選後に困難が待ち受けているかもしれませんね。



……


え?通り一辺倒ですか…すみません>< 今日は歯医者に行ってきたので、広い心で見てやって下さい(?)


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。