スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『沈黙のファイル』レビュー

こんにちは、シタン先生です。


いよいよ、2007年最後の1日となりました。

私は今日帰省します(遅っ)。そして、2日の夜には戻ってきます(早っ)。

今回は、今年最後の読書レビュー(短め)と個人的な今年の感想を。


1.共同通信社社会部編『沈黙のファイルー「瀬島龍三」とは何だったのかー』新潮社(新潮文庫)、2000年。 

<本書の紹介>
関係者へのインタビューなどで瀬島龍三氏の足跡を明らかにする。

<シタン先生の感想>
瀬島龍三氏に関する描写と、当時の時代背景や状況に関する描写のバランスが悪いように思う(時代背景・時代状況に関する描写が全体的に多い)。詳細は割愛するが、本書における問い(「瀬島龍三」とは何だったのか)と結論(?)が一致していないようにも思われた。その問いも読み手によっては、通り一辺倒なものにも見えてしまうのではないか。
ただし、その分、瀬島氏が活躍した時代の状況描写(「太平洋戦争」「シベリア抑留」「日韓交渉」など)は非常に読み応えがある。従って、副題を「瀬島龍三という人間を通してみる「時代」」などと設定すれば、上述のような違和感は若干薄れると思われる。

<総合的評価>
読み切るのに少々時間がかかる。文庫であり比較的安価で手にはいるのは魅力的。上記のようなトピックに強い興味がある方は、一読してもいいと思われるが、何気なく読まれる方には率直に言ってオススメしかねる。

沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
共同通信社社会部
新潮社 (1999/07)
売り上げランキング: 6681



2.シタン先生、今年1年の感想

<大学院入学、大学院生活>
・大学院の難しさ、辛さと共に、その喜びを感じました。やはり、自分の興味がある事柄を徹底的に突き詰めることができるというのは、今までにない新鮮な経験でしたね。また、学部生の頃とは異なり、議論のレベルも飛躍的に上昇します。難しいながらも、刺激的でした。先生方、先輩方、本当に一年間ありがとうございました。


・英語も少しずつではありますが、読めるようになってきました。少なくとも以前よりは英文を見ることが苦でなくなりましたね(笑)それでも、論旨が不明確な論文に当たると泣きたくなってくるのですが…。


<読書>
・とにかく、読書に打ち込んだ一年間でした。

今年一月から今まで読んだ累計冊数は、

「147冊」でした(コミック、雑誌類は除く)。

まぁ、単なる濫読と言われればそれまでですが、時折「キラリ」と光る本と出会えました。

一年間濫読した感想としては…、

①最近の新書、小説類の多くはは総じて内容が薄い。単純な内容が読者受けするのだろうか? 推理ものの小説も同様。あまり裏切られるような展開がない。
②やっぱり古典は面白い。
③最近の本をみると、やはり暗い世相を反映しているように思う。そして、自らの歴史を見直す動きがことに強まっている。読者の「危機感」を啓発するような本も多かった。

まぁ、僕が選んだ本がたまたまそうだったのかもしれませんね(^^;


<趣味>
・普通自動二輪免許取得!とにかくバイクが欲しい。卒業するまでには大型自動二輪免許を取得したい。


ということで、今年一年、「政治とアニメとシタン先生」にお越し頂き本当にありがとうございました。

来年も読書レビューや政治についてのコメント、時にはアニメ関連の話などをボチボチとやっていきます。

何か気になることがあれば、コメントして頂ければ、全力でレスを致します(笑)

来年も「政治とアニメとシタン先生」をよろしくお願いします。


それでは、良いお年をノシ シタン先生


応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございますm(__)m

今年もヨロシクお願いします。
それにしても147冊とは凄いですね。
完敗です(>_<)
と、最近の小説に関する感想は
基本的に同じような感じです。
読んでないからあれなのですが(苦笑)

シンさん、お疲れ様です^^

いやいや^^;それをレビューにできていないので、まだまだ修行不足ですね(苦笑)

僕は、小説というよりは寧ろ新書を多く読んでいるので、より「薄い」という印象を多く持っているのかもしれません。いかんせん、去年は「新書ブーム」だったので(笑)

今年は、より奥の深い本(古典?)に接していきたいですね。

ではではノシ

こんばんは^^

レビューするのは以外としんどいですからね。
特に古典は難しいです。
でもって読みづらいです。
内容はほんとに勉強になるのですけどね。
ツゥラツストラをずっと読んでるのですが
なかなか終わらなくて(^^;

シンさん、コメント遅れてしまって申し訳ないです><

>ツゥラツストラをずっと読んでるのですが
なかなか終わらなくて(^^;

あわわ、凄いなぁ~(汗)

「古典」って、総じて一文一文を理解するのに時間がかかるんですよね…。世の中には、サクサクと理解できる「古典」ってないんでしょうか…。と矛盾したことを言ってみました(苦笑)お互い、良い読書をしましょう☆

ではではノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。