スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の債務残高発表

こんにちは、シタン先生です。


毎日新聞(web版)から一部引用です。

「財務省は24日、07年6月末時点の国債や借入金など国の債務残高(借金)が836兆5213億円となり、過去最高を更新したと発表した。」

※記事はこちら

「過去最高を更新した」ということですが、これはこれまで政府でなされてきた国の債務残高の圧縮政策が、「全体として」功を奏していないということにも受け取られかねない事態です。ただ別な観点から評価を下すなら、「この程度で終わっているだけまだまし」なのかもしれません。

あるいは、さらに楽観的な見方をすれば、これまでの政策はこれから先に効果を現すということも考えられますね(財務省のHPを見る限りでは2011年度までにPB均衡の達成を目標としているようです)。現時点で、政策の内容をあまり把握していないこちらとしては判断しかねるところではあるんですけど。

ただ、「過去最高を更新した」というのは確固たる事実のようです。さらに国の債務残高に加えて、問題なのは地方債(地方自治体単位で発行している債券)があることです。合計した場合は1000兆近くになるかもしれません。

今後、どうなるかについては、財務省HPに関連ページ(「日本の財政を考える」)があります。

一般家庭に例えられているあたり、非常に分かりやすいですね。これは、非常にうまい説明のやり方です。財政の現状も理解しやすくなっています。多少、ソフトに書きすぎている観もなきにしもあらずですが。


あと、上記のHPでは書かれていない、もしくは分かりにくいことについてこちらで補足しておきましょう。といっても、至極基本的なことです。
1.借りたものは「原則として」返さなきゃいけない。
※国債にも「償還期限」があります。
※ただし、家庭の場合は「破産」という奥の手がありますね。国家の場合はそう言う制度はあるんでしょうか?

2.借りたお金は利子を付けて返さなきゃいけない。
※債務残高が、何百兆なのですから、その利子だけでも相当なものになりますよね。

3.収入全体(あとは、その他「財産」)より、借金の利子分が上回った時点で、借金を返済することはほぼ不可能になる。
※それ以前に、収入全てを借金返済に充てること自体ほぼ不可能です。
※ただし、収入が「劇的に」増加した場合はその限りではありません。国の収入は「税収」、要は国民の「税金」ですね。

さて、それを考えた場合、現在の日本の財政はどうでしょうか?


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : 時事
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!

シタン先生の主張は、もっと真剣に財政を
考えないといけないと思う、という感じがし
ます。ちなみに私は圧倒的に賛成です。

まあ、国家破綻は現実にはありえないで
しょうが景気がよくなって税収で返すという
発想はいただけません。市場原理主義反対です。

あと、2011年度までにPB均衡の達成を目標すると財務省が言っているのも信用なり
ません。まあ、僕が言うのも何ですが…。

ともあれ、財政問題は日本にとって重要な
問題ですよね。

はらださん、お疲れ様です!

個人的には、景気を先に拡大させるという路線も分からなくはないのですが、それでも不確定要素が多すぎる点から不安に思っています。市場原理主義を貫徹すればするメリット(所謂「国際競争力の拡大」)と、それによって失われるデメリット(議論の余地はありますが、「格差の拡大・固定化」など)とを慎重に考えてみるべきだったのではないかと思っていたのですが…。

PBの問題も、ただ達成することだけでも非常に難しいだけでなく、その先には増加する利子を含めた債務を劇的に減少させる必要性が待っています。端的に言えば、税収を大幅に増加し、支出を劇的に少なくすることが必要になるわけですが…いずれの政策を採るにせよ難しいですよね。僕が経済政策に興味を持ち始めた理由の一つです。

最後にアルゼンチンの二の舞にならないことを切に願っています。

コメントありがとうございました。ではではノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。