スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だに論文終わらないです。

こんばんは、シタン先生です。


お久しぶりです。お元気でしたか??

こちらは、論文も締め切りが近づいてきました。

…全く終わっていません(マテ

正直言って焦っています。


「六カ国協議」などなど、コメントしたいことはヤマほどあるのですが、そんな余裕は今のところありません^^;

ただ、本(論文テーマ以外)だけは読んでいます。
<読んで気を紛らわせなきゃやっていられないというのが正直なところです 苦笑>

当分、このような状態が続きそうなので、読み終えた本(レビューしていないもの)をリストにしてあげておきます(アマゾンリンクはなし)。多分、年末から今までくらいに読んだものです。

【新書】
小菅信子『戦後和解』中公新書
原彬久『岸信介』岩波新書
手嶋・佐藤『インテリジェンス 武器なき戦争』幻冬舎新書
重村智計『朝鮮半島「核」外交』講談社現代新書
添谷芳秀『日本の「ミドルパワー」外交』ちくま新書
塩田潮『安倍晋三の力量』平凡社新書
浅羽通明『右翼と左翼』幻冬舎新書
春原剛『ジャパン・ハンド』文春新書
藤井厳喜『総下流時代 なぜワーキングプアが増えるのか?』光文社ペーパーバックス
野田敏生『諜報機関にだまされるな!』ちくま新書

【文庫・小説】
野中広務『老兵は死なず 野中広務全回顧録』文春文庫
同上『私は闘う』文春文庫
コンスタン『アドルフ』新潮文庫
大下英治『黒幕 昭和闇の支配者一巻』だいわ文庫
魚住昭『国家とメディア 事件の真相に迫る』ちくま文庫
浅川博忠『小泉純一郎とは何ものだったのか』講談社文庫
バーナード・クリック『現代政治学入門』講談社学術文庫
荻原浩『神様からひと言』光文社文庫
山崎豊子『華麗なる一族(上)』新潮文庫
同上『華麗なる一族(中)』新潮文庫
同上『華麗なる一族(下)』新潮文庫
藤原伊織『シリウスの道(上)』文春文庫
同上『シリウスの道(下)』文春文庫
ロバート・ウエストブルック『ザ・メキシカン』竹書房文庫
蓮見圭一『水曜の朝、午前三時』新潮文庫


はぁ…、

どうりで家計が圧迫されるわけだ(苦笑)


といって、終わってしまうのはあまりに情けないので、個人的に面白かったやつだけでも挙げていきます(5冊くらい)。簡単なコメントなども。


①コンスタン『アドルフ』新潮文庫
恋愛小説だが、これで外交を学ぶことができる(かも 笑)

②山崎豊子『華麗なる一族(上)~(下)』新潮文庫
特に(中)~(下)が面白い。私はもうドラマは見てません(序盤の展開にイラっとしたし、何より論文執筆中ですから 苦笑)

③藤原伊織『シリウスの道(上)(下)』文春文庫
「サラリーマンとはなんぞや?」という問いかけに挑んだビジネス・ハードボイルド。これは熱いですよ!

④浅羽通明『右翼と左翼』幻冬舎新書
これを読んで「右翼」と「左翼」に対して抱いていた疑問の多くが解決されました。中々興味深いよ^^

⑤添谷芳秀『日本の「ミドルパワー」外交』ちくま新書
筆者自身の問題関心が「暴走」している観はあるが、それでも戦後日本外交史を通史で語ったことが評価できる。

とまぁ、こんな感じです。

詳しくは今後していくのでお楽しみに(相当先になりますが)


今回も読んで下さりありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

N先輩と話していたらなんか今からゼミ論二つ書くことになった(笑)

>ざいっちさん
え?二つ??
why~?
締め切りが延びたからかなぁ^^;

手をつけてないのはIゼミの方ね(笑)

つーかK先生に構想発表と違うゼミ論はだせんよ。

こんにちは^^

ご無沙汰しておりますm(__)m
にしてもすごい読書量ですね。
最近さぼり気味でしたので刺激になりましが。
読みたいと思ってた本がちらほらありましたし。
「右翼と左翼」「ミドルパワー外交」は評価も高いようなので、
金に余裕があれば購入したいと思います^^

>ざいっちさん
二つとはまた大変だね~(汗)僕だったら発狂しているでしょう(マジで)。僕も頑張ります!!

>シンさん
お疲れ様です^^

>にしてもすごい読書量ですね。
>最近さぼり気味でしたので刺激になりましたが。
そう言って頂けると非常に嬉しいです♪ですが、レビュー祭りの時にできなかった本もかなりの程度含まれているので、やはり普段よりはスピードは落ち気味なのかもしれません^^;

何よりも「専門書」の類を一冊も読んでいないのはイタいなぁと(論文に関係する本は別にして)。

>「右翼と左翼」「ミドルパワー外交」は評価も高いようなので、金に余裕があれば購入したいと思います^^

個人的には、より前者をお薦めします。
現在では、マスコミ・ネットなどで「右翼」「左翼」という言葉が一人歩きしている観があります。そして、結局「右翼」「左翼」という言葉の意味が曖昧なまま議論が進んでいってしまうんですよね。そのような問題に対し、「右翼」「左翼」といった概念を、歴史的経緯を丹念に追いながら説明してくれた本だと思います。是非、ご一読下さい。

長文失礼しました。ではではノシ

こんばんは^^

>専門書
私も最近はサッパリなんですよ(;´д`)
専門書は高くて手が出ないです。

>右翼と左翼
ふむふむ、ここまでシタン先生さんが押すなら
ここはいっちょ購入を決定したいと思います(^-^)

お久しぶりです~
切羽詰るほど、テーマ外の本を読んじゃうんですよねぇ・・・(・・;
がんばってください。

最近は読書から遠ざかってます orz
「右翼と左翼」面白そうなんで、読んでみようかなぁ。

シンさん、お疲れ様です☆

>>専門書
>私も最近はサッパリなんですよ(;´д`)
>専門書は高くて手が出ないです。
これは、イタイ悩みなんですよね…、でも新書ばかり読んでいると、何だかロジックの面とかに目がいかなくなってしまうようで(汗)

>>右翼と左翼
>ふむふむ、ここまでシタン先生さんが押すなら
>ここはいっちょ購入を決定したいと思います(^-^)
僕が、この分野に関して明るくなかったというのが大きなきっかけかもしれません。お恥ずかしい限りです(苦笑)けど、やっぱりオススメです(笑)

ではでは、コメントありがとうございましたノシ

秋さん、お疲れ様です♪

>切羽詰るほど、テーマ外の本を読んじゃうんですよねぇ・・・(・・;
そうなんですよ!!今は猛烈に後悔しています(涙)

>最近は読書から遠ざかってます orz
>「右翼と左翼」面白そうなんで、読んでみようかなぁ。
やはり、社会人になると読書は難しくなってしまうようですね^^; 僕の先輩もぼやいてました。「右翼と左翼」を休憩時間などの合間にざっと流し読みとかいいと思いますよ^^

…僕って、まさか幻冬舎新書の回し者なんじゃ(汗)

ではでは、コメントありがとうございましたノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。