スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春企画レビュー祭り!(その5、6)

こんばんは、シタン先生です。


今回もレビュー祭りです。


にしても、このブログって、カテゴリ的には「本」ですよね?

一般的に言うところの「政治」ブログとも違うし…。



そんなことを考えつつ、日々ブログの記事を書いているわけですね。

ちなみに、今回のテーマは「芥川・太宰」です。

以前も書きましたが、この手のレビューは苦手なので、的はずれなことを言っていたとしても温かい目で見て下さい^^;

では、いってみましょう。


【レビュー祭り(その5)】
芥川龍之介『侏儒の言葉・西方の人』、新潮文庫、1968年。


侏儒の言葉・西方の人
芥川 龍之介
新潮社
売り上げランキング: 71754



<本書の内容>
「侏儒の言葉」…芥川のアフォリズム。
「西方の人」…芥川によるイエス論。自らをイエスに重ね合わせ、より人間的なイエスを描き出す。

<シタン先生の感想>
「侏儒の言葉」…共感こそしなかったが、芥川らしい頭の切れのよさ、ニヒリスティックな視点を印象づける作品。自分にもこれだけの力があれば…(苦笑)
「(続)西方の人」…率直に言って、何を書きたいのかが全く理解できなかった。解説を読んでその意図を知りビックリ。

値段的にも安く、分量的にも少ないのでオススメできます。特に「侏儒の言葉」。



【レビュー祭り(その6)】
太宰治『人間失格』、集英社文庫、1990年。


人間失格
人間失格
posted with amazlet on 07.01.08
太宰 治
集英社
売り上げランキング: 12526



<本書の内容(表紙より抜粋)>
3枚の奇妙な写真を元に、少年時代の頃から展開する「太宰治の自伝」かつ「遺書」。

<シタン先生の感想>
一言で言ってしまえば、「ドキッ」とする衝撃的な作品。冒頭から、「一般的な」人間とは全くかけ離れた思考を持つ人間が登場する。しかし、その彼が、「一般的な」人間が普段意識していない(あるいは、心の奥底に隠した)「想い」というものを誰よりも的確に指摘する。個人的には、作品の終盤にいくに連れて「メッキ」がはがれていく主人公に親近感を覚えた。これからの人生のなかでも、折に触れて読んでみたいと想わせる作品。

安いです。分量もさほどありません。是非読んで!!ただし、陰鬱な気分になりますよ(苦笑)



今回のレビューは以上です。

やっぱり「古典」っていいですね♪

これからも、読み進めていきます!!


今回も読んで下さりありがとうございました☆それでは♪

応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまです。ブログで感想書くの割と楽しいですよね。
芥川のアフォリズムは何がお気に入りでしたか?その本の抜粋を読みましたがなかなか鋭いアフォリズムもあるようですね。
三島は大宰にあこがれたと聞きますが、冷静に考えると女たらしで薬に溺れるようなのも含めて大宰ですから、もっと健康的な人にあこがれるべきですね。
その変でいくと、割と出世して、それなりには認められた夏目漱石がいいですよね。まっ、べたで親父臭いですけど…(笑)。けど、好きなんです。

はらださん、お疲れさまです☆


>ブログで感想書くの割と楽しいですよね。
なぜだか分からないんですが、楽しいんですよね(笑)

>芥川のアフォリズムは何がお気に入りでしたか?その本の抜粋を読みましたがなかなか鋭いアフォリズムもあるようですね。
政治を学ぶ者としては、このアフォリズムに惹かれましたね。

「(中略)唯民衆を支配する為には大義の仮面を用いなければならぬ。しかし、一度用いたが最後、大義の仮面は永久に脱することを得ないものである」

>三島は大宰にあこがれたと聞きますが、冷静に考えると女たらしで薬に溺れるようなのも含めて大宰ですから、もっと健康的な人にあこがれるべきですね。そのへんでいくと、割と出世して、それなりには認められた夏目漱石がいいですよね。まっ、べたで親父臭いですけど…(笑)。けど、好きなんです。
「如何に死ぬか(転じて、如何に生きるか)が問題関心としてあった」と、ある方から聞いたことがあります。私自身はそれほど読んでいないので何ともいえませんが、もしそうだとすると、三島の最期はどこかで太宰のそれと重なるところがあったのかもしれませんね。個人的には今のところ、太宰の作品が一番インパクトがあるような気がします。


ではでは、コメントありがとうございましたノシ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。