スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本の「ミドルパワー」外交』レビュー(その1)

こんばんは、シタン先生です。


年末になると忘年会が増えますね。

私はお酒には弱いのですが、仲間と飲むことが好きなので極力参加するようにしています。

ですが…

明らかに、今月は赤字です…orz

でも、気にしない!!


と、訳の分からない事を書きましたが、早速今回のレビューに入ります。

今年中は、もう詳細レビューをしない旨書きましたが、最近面白そうな本を見つけたのでレビューしようと思います(マテ

それは、添谷芳秀氏『日本の「ミドルパワー」外交』です。最新の史料に基づいて書かれた、戦後日本外交史に関する新書です。私事ではありますが、私の大学で行われている、有志による読書会のテキストでもあります。ちなみに、今回は序章です。

では、いってみましょう。


添谷芳秀『日本の「ミドルパワー」外交――戦後日本の選択と構想』2005年、ちくま新書。


「まえがき」
序章「なぜミドルパワー外交か」


<本書の問題意識 ※「まえがき」より>
 戦後日本外交が、平和主義と伝統的国家主義の双方から挟み撃ちされてきた構図の中で、両者の中庸に位置する日本外交の足下を見つめた、等身大の戦略論が育たなかったのはなぜか。


<本書の目的 ※「まえがき」より>
 戦後日本外交の実像が「ミドルパワー外交」にあったということを論じ、そこから日本外交の構想を描く。


<本書の主張>
 「吉田路線を再評価するにあたり、吉田の選択に日本外交の主体性が埋め込まれていたことを論じ、吉田路線見直し論の基本的視角に発想の転換が必要」である。


<本章の要約>
 戦後日本の復興・発展の基礎を築いたのは、吉田茂の外交路線であった。しかし、吉田路線(日米安保や憲法9条)は、平和主義者と伝統的国家主義者双方から批判されるという日本社会の分裂を招いた。そして、この分裂がそのまま自らの国家像の混乱(「平和国家日本と大国日本」=「二重のアイデンティティー」)、及び外交論争の悪循環という事態に繋がった。

 そして、村山政権による日米安保受け入れは、「中庸路線としての日米安保関係の強靱さ」、と冷戦期の日本外交論争の不幸(「冷戦時代の日本外交論争が、基本的選択としては代替案のほとんど無い日米安保関係の是非をめぐって展開されてきたこと」)を浮き彫りにした。このような中、小沢一郎らによって、この戦後日本の分裂した「二重アイデンティティー」の統合が試みられるようになる。しかし、その統合案に対しても、平和主義者や伝統的国家主義者、そして諸外国からの批判がなされ続けた。

 このような国家像の分裂を乗り越えるためには、吉田茂の選択の意義をもう一度振り返るという知的作業が必要である。吉田路線は二重の意味(「伝統的な防衛政策に禁欲」「自立した大国としての単独外交の放棄」)で大国間権力政治から降りた戦後日本を象徴しており、その点で吉田路線の実態は「ミドルパワー外交」ということができる。現在の日本外交を取り巻く諸問題を解決するためにも、自らを大国と位置づけないこのような視角が必要となるだろう。


<シタン先生の評価>
 本書を通底する問題意識、そして本書の目的などが示された章であり、この時点ではいかんとも評価しがたい。ただし、日本外交がもつ問題点を「二重のアイデンティティー」「平和主義者と伝統的国家主義者」を基軸に鮮やかに描かれている。また、「ミドルパワー外交」についても、吉田路線の一側面を表すものとしてとても興味深い。この「ミドルパワー外交」が本書の後の部分で如何に論じられているかが非常に楽しみである。


今回のレビューは以上です。本書は、分析の他にも、戦後日本史の通史の確認としても有益な気がしました。

マスコミや政治家の中でも半ば無意識に「吉田路線(及び「保守本流」)」という言葉が使われている中で、この本を読み進めることは、それらの意味を確認するものになるかもしれませんね。

今回も読んで下さりありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!


日本の「ミドルパワー」外交―戦後日本の選択と構想
添谷 芳秀
筑摩書房
売り上げランキング: 20096
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。