スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『好かれる方法』レビュー

こんばんは、シタン先生です。


この記事を書きながら、「朝まで生テレビ」を見ています。

今回は、主に「北朝鮮の核問題」だったのですが、とりわけ何人かのコメンテーターが、ブッシュ、胡錦涛、金正日になりきった上で、その政策を披露するという試みは面白かったです。

ただ、胡錦涛になりきったコメンテーターの考え方はちょっと楽観的だったような…。うろ覚えなんですけどね。
あと、今回の北朝鮮の意図についての考え方は、いろいろと考え方が別れましたね


さて、今回は矢島尚氏『好かれる方法』をレビューします。

では、いってみましょう。

矢島尚『好かれる方法-戦略的PRの発想-』新潮新書、2006年


<本書の目的>
 昨今注目されるようになった「PR」について、具体的なケースをもとに説明する。ひいてはPR技術を、一般の人々にも活用して貰う。

 簡単に言えば、「PR」のPRでしょう。


<本書の構成>
第1章「『関係を良くする』という仕事」では、PRの実例を示すことで、PRについて説明する。

第2章「広告とPRはまったく別物」では、広告とPRの差異を示し、PRとは「クライアント」と「消費者」「地域」「マスコミ」との「関係の向上」である点について具体例を挙げながら分かりやすく説明する。

第3章「戦略的PRの威力」では、実際PRが如何に行われているかについて、事例を示しつつ説明する。その中で、PRのエッセンスを提示する。

第4章「危機管理のエッセンス」では、実際に危機に見舞われた時の対処策を示す。

第5章「政党、国家の発信力」では、政党・国家レベルでもPRが必要であることを説明する。


<シタン先生の感想>
 本書における「PR」の定義を素直に受け入れるならば、本書の目的は達成されたように思える。PRの必要性にも言及されており、非常に示唆的でもある。また、PRのプロだけあって言葉遣いも丁寧で、かつ慎重に話を進めているように思える。しかしながら、本書は『戦争広告代理店』におけるPR会社を引き合いに出しつつも、所々この二冊の間に大き隔たりがあるように思えてならない(詳しくは当ブログ、『戦争広告代理店』レビュー参照)。また題名と内容が、多少ミスマッチである。

 トータルで言えば「それなりに興味深い」「教養をつけるために読むのも悪くはない」程度でしょう。span>


今回のレビューはこれで終了です。

ところで、やっぱり「朝まで生テレビ」の議論にはついて行けなきゃまずいのでしょうか…。

まだまだ、精進せねば!!


今回も読んで下さりありがとうございました☆それでは♪


応援クリックよろしくお願いします!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。