スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠たいのに眠れない…

こんにちは、シタン先生です。


ここ最近、忙しい日々が続いているので更新ができていません。ここ数日はほとんど寝てません。

ですが、本は読んでいますよ。6月の下旬には更新ができると思うのですが…。って、一か月先ですよねorz


ちょっと雑記を

・親友の引っ越し
大学時代にもっとも仲が良かった(付き合いは高校時代から)親友が引っ越します。ちょっとさみしいです。ですが、新たなスタートですから祝福します!
それに、離れることになるとはいえ、PS3やスカイプでかなり頻繁に連絡を取るので、引越しの翌日には変わらずにオンラインゲームなどをしているのでしょう(笑)
本当にありがとう!体には気をつけろよ!!

・現在の株価、景気
本当に底を打ったのだろうか…?GMはどうやらチャプター11が不可避になっているようだ。GMショックとかないのだろうか?

・政治
鳩山氏が民主党の代表就任。初の党首討論。個人的な印象としては、解散はない(もしくは、任期満了直前に飾り程度にやるか)気がする。

・修士論文
一回目の構想発表会が終了。先生や先輩のアドバイスで、研究する上で自分が見落としていた盲点に気づく。本当にありがたい。また、自分のやりたいことに少々ブレが生じてきているので、じっくりと考え直す時間が必要そうだ。

・ゲーム
ほとんどできていない。
最近は、
「Battle Field Bad Company」PS3をオンラインでプレイ。

注目作品としては、
「ジージェネレーション ウォーズ」(PS2、Wii)
「機動戦士ガンダム戦記」(PS3)

たぶん、ほしいままで終わるんだろうな…。

・映画
「ハゲタカ」に注目。TVドラマはなかなか面白かった。これは絶対見に行く。

・アニメ
ブリーチ以外、全く見ていない。少し前の話になるけど、アビラマはとんだチョイ役だったことに落胆。ってか、吉良の「侘助」はあまりにもチートすぎる…。下手な卍解よりもよっぽど強い気が…。この先も注目です(本音半分、能力のインフレ的な意味半分)



ではではノシ
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

おそらくほとんどの人がわからないであろう雑記

こんにちは、シタン先生です。


一言だけ言わせてください。


…わからないよ、吉●さんの論文。


話は変わりますが、最近、インテリジェンス関係で非常に有名な佐藤優氏が「ファシズム」なる用語を使い始めました。

一般的な方々にはスルーされてしまうことかもしれませんが、研究者にとってはなかなかのインパクト。70年代に時間が巻き戻ったかのような(笑)

でも、果たして一般の方向けの本で「ファシズム」概念を使って、わかってもらえるんでしょうかね?

まだ実際に読んでいないので何とも言えませんが、筆者のおっしゃりたいことが伝わるのかどうか。


個人的には非常に興味があります。近々読みます。


ではではノシ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ストレステスト

こんにちは、シタン先生です。


アメリカの銀行に対するストレステストの結果が公表されました。

記事はニュースサイトにいっぱいあったので、リンクは貼りません。

バンカメやシティなどの大手が対象になっています。

GSなどは資金の返済などといわれていて、このままストレステストの結果がばっちりだったら、景気の底入れ観測も出ていましたが、この先の不安要素が出てきました。

何よりポイントとなる(シタン先生の予測…というより、これはかなりメジャーになるつつある見方だけど)のは、現在の銀行のバランスシートはサブプライム関連などの不良債権を計上しなくてよい仕組みになっている(簿外)ということ。悪い言い方をすれば「飛ばし」ながらもなお、苦しい状態であるということです。

そして、もう一つはクライスラーが破たんし、GMも破たん法の可能性が高まっているということ。どういうことかというと、

自動車会社破たん

すそ野の広い関連会社がやばい

自動車会社や関連会社に貸し付けたであろう銀行が債権を回収できなくなる

という流れがあるかもしれないということですね。


はぁ、書いていて憂鬱になってきました。今後に憂鬱しながらも注目することにします。


ではではノシ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

経済関係の本(2冊)レビュー(その2)

こんにちは、シタン先生です。


クライスラーが破産法を申請しましたね。また一方では、豚インフルエンザがフェーズ5にまで拡大しています。

風雲急を告げるとはこんな状況のことを言うのでしょうか…。

ただ、シタン先生はNEETに限りなく近い大学院生にすぎないので、日々自分ができることをやろうと思います。


さて、今回もシタン先生が最近読んだ本を簡単にご紹介しようと思います。

今回も経済関係です。

現在目の前で起こっていること、そして変わりつつある世界を正確に把握するのが今求められていることなのではないかと思うので。

では、いってみましょう。


原田武夫『計画破産国家 アメリカの罠――そして世界の救世主となる日本――』講談社、2009年。
元外交官による、インテリジェンス(正確に言うならば公開情報からのOSINT)の観点から現在の経済情勢を解説した著作。そのポイントは、題名にあるが如く、現在の経済情勢下におけるアメリカの行動は「国家破産」に向けて予め計画されており、その後は北米に共通通貨が誕生する。そしてそんな中、2010年ごろに日本に金融バブルが訪れるという点にある。
アメリカが自らの国益のために、計画的に国家破産を引き起こす。著者はそのテーゼをシンクタンクなどから発行される文書を基に導き出そうとする。個人的には、なかなかイメージしにくいという印象であり、論証の点にも疑問がある。これは、読み手にもよるだろうが、筆者の問題意識に引っ張られすぎているような気もしないではない。
ただし、目下の経済状況の中でただアメリカが没落していくという考え方(シタン先生もそうかなと考えていた)が、一方で偏っていることもまた事実である。アメリカもこの状況を打開し、あるいは利用する形で国益を達成しようと知恵を巡らせること自体はきわめて合理的である。もちろん、この論を延長させていきつく先は所謂「陰謀論」なのだけれど。それでもなお、筆者の視点には学ばされた。

評:3.5(インテリジェンス関係に興味がある人はお勧めできると思います)




浜矩子『グローバル恐慌――金融暴走時代の果てに――』岩波新書、2009年。
サブプライム問題そしてリーマンショックに端を発する「グローバル恐慌」の発生過程、歴史的特性、その後の展開と提言など総合的に描かれた一冊。比喩が非常にうまく、わかりやすい点で入門には最適。
ただ、個人的には昨今の「グローバル恐慌」はモノとカネが乖離しているというのは確かにそうなのだが、それはそれ以前の恐慌にも当てはまるもので、「グローバル恐慌」の特性とのみは言えないのではないだろうかと感じる。また、金本位制のもとでは資金供給が十分になされない点で恐慌がおこりやすかったと議論を展開するが、本当に金本位制のもとでも紙幣を増発する試みは行われなかったのだろうか?第一次世界大戦後のドイツのインフレとその後のデフレはどう解釈されるべきなのか?そもそも、当時のドイツは金本位制ではなかったのか?金本位制=資金供給が十分でないという固定した考え方についてはやや違和感を覚える。

評:4.5(これは読んでおくべき一冊)




今回初めての4.5が出たかもしれません。4以上はあまり出さないようにしている(反対に3以下も出さないようにしている。喧嘩になるから 笑)のでこれは本当にお勧めしたいという意味です。個人的には、岩波の最近の編集方針に違和感を感じていたのですが、わかりやすいのもそれは一つの美徳ではあるのだと再認識。

今回も読んでくださりありがとうございました。


ではではノシ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。