スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田内閣、高支持率で発足

こんにちは、シタン先生です。


大学(院)生の夏休みは非常に長いんですけど、その夏休みももうすぐ終わりますね。

夏休みの目標にしていた論文執筆は、どうも達成できそうにないです…。

それでも、個人的には「新たな一歩を踏み出した」夏休みだったと思います。

何が「新たな一歩」なのかは、また後日ご報告します。


さて、政治の世界は、本当に「疾風怒濤」の夏でした。

そして、その結果誕生した福田内閣はまずまずの支持率で船出したようですね。

ただ、個人的には今回の一連の事態は、単なる「看板の交代劇」のように見えます。


1.安倍政権と福田政権の経済政策の違いについて
一般的に安倍政権は「上げ潮路線」、福田政権は「財政再建路線」と目されている。ただ、究極的に目指す目標は「国債の圧縮」などを始めとする「財政の健全化」である点は変わらない。「上げ潮路線」も増税が出来るならそれに越したことはないだろうし、「財政再建路線」も支出の削減なくして「財政の健全化」を達成できるとは考えていないと思われる。また「増税」は、経済路線の対立というよりは、「国民感情」~「選挙」との関係から避けられてきた側面も否定できない。「人事」に関する面に注目しても、参院選後の安倍改造内閣では「財政再建路線」と目される、与謝野氏・額賀氏が登用されていた(額賀氏は福田内閣でも留任している)。

「格差」についても、安倍政権と福田政権との間で連続性があると思われる。端的に言うならば、安倍政権であろうと福田政権であろうと、衆院選を前にして「格差」に対して国民の不満があるにも関わらず、「格差」を広げるような政策をすることは考えにくい。衆院選でも、地方選挙区の動向が鍵を握る以上、地方に配慮した政策を採らざるを得ない。


2.外交政策について
テロ特措法の継続(or新法の成立)に対する熱意には差があるかもしれないが、抽象的なレベルで考えた場合、日本外交の根本が「日米安保体制」に拘束されているのは明らかである。その枠組みに変化がない以上、外交政策に大きな差が出てくるとは考えにくい。無論、外交に対する両者の考え方には程度の違いがあるかもしれないが、与えられた「カード」によってその政策の方向性は自ずときまってしまうのではないか。


このように、安倍政権も福田政権も「衆院選」「国民感情」「日米安保体制」といった観点から分析すると、たいして路線は異なっていないように思います。

それでもなお、安倍政権と福田政権との間に大きな断絶があるとする見方も有効であると思います。とりわけ、経済政策については、自民党が衆院選を乗り切った場合は、「単なる手段の相違」として片付けられないほど大転換する可能性もあると思います。

以上のことを踏まえた上で、今回の福田内閣の支持率について考察するに、やはり福田首相個人の「キャラクター」が支持率に好影響を与えたのではないかと考えます。現時点では、福田首相が提唱する特定の政策が支持されたとは考えにくいですね。


久しぶりの記事なので、少しおかしな分析でしたね。すみません><


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

自衛隊給油に関する問題について

こんばんは、シタン先生です。


今回は簡易更新です。論理性の「ろ」の字もない記事ですが、予めご了承ください。

まぁ、下の記事を見て下さい。

※記事はこちらこちらこちら


これだけの「ミス」です。きっと担当者には何らかの「処分」が下されるのでしょう。

そして、問題となっているのが、自衛隊の給油が「イラク戦争」に転用されているのではないかという疑惑。

これに関して政府は、転用を否定しているみたいです。

転用の是非や事実がどうであるかについては、議論をする用意も能力もないので特にコメントはしませんが、政府見解の「信用性」について一言愚見を。あくまでも「愚見」です。悪しからず。


「『ミス』であるとしても、4倍の量の給油をしていた事実を見落としていた政府の言は、その『能力』の観点からして信用できません」


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

イラン問題について

こんばんは、シタン先生です。


えー、体調を崩してしまいました。お腹が痛いです。理由は情けなくて書けません…。

yahooニュースでイラン問題に関する記事を見つけました。

(記事はこちらこちらこちら

もしかたら、これはとんでもないニュースかもしれません。


今回のニュースの中で、僕がとりわけ注目しているのは「フランスの首脳が危機感を抱くほど、実はイラン問題が緊迫化しているのではないか?」という点です。

一国の首脳の発言はそんなに軽いものではないと思います。中には例外もありますけど…。

発言に何らかのメッセージがあるとしたらやはり↑のような疑問が出てくるのではないでしょうか?


しかし、アメリカはイラクの問題を抱える中で、イランとの戦争にどの程度本気なのでしょうか?
あるいは、そのようなことを実行出来るのでしょうか?

まぁ、イラク戦争の理由も理由ですし、戦力もまだあるはずですから、その気になれば実行出来ると思うのですが…。

イランは、確か上海協力機構に「オブザーバー参加」しています。
そうなると、アメリカは上海協力機構の加盟国とどこまでかち合う気があるのでしょうか?

疑問は尽きない…。

まぁ、この疑問も単なる杞憂だったら最高なんですけどね。


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

サンデープロジェクト

こんにちは、シタン先生です。


今日は福田氏と麻生氏が出演されました。

やはり大きなテーマとして両者の相違が問題になりましたが、具体的なことにはほとんど踏み込みませんでしたね。

僕が理解した限りで、両者のちがいとしては、

<北朝鮮外交>
麻生氏:北朝鮮との交渉に関して、拉致問題の解決を前提に。交渉が進まない場合は六カ国協議からの離脱もあり。
福田氏:麻生氏よりも多少柔軟に?「拉致被害者の帰国」を最終的ゴールとして戦略を組み立てていく。

<靖国参拝>
麻生氏:どちらかと言えば肯定的?
福田氏:麻生氏よりは否定的、国立追悼施設。

<内政・経済・国会>


などがあると思います。間違い等ありましたら、遠慮なく御指摘ください。

まだまだ、わからないぁ…。

多分、両氏とも消費税増税には肯定的なのでしょうが…。


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

危うく…

こんばんは、シタン先生です。


先日…ヒヤリとする事が起きました。

大丈夫です。怪我もしてません。

ただ、寿命が縮みました><


本当に「命あっての」何とやらです。慣れたからといって、気を抜いてはいけません。皆様もお気を付けて。

ありがたや、ありがたや…。


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

安倍首相辞意表明(その2)

こんにちは、シタン先生です。


さて、先日の続きと言うことで安倍政権に打撃を与えた政策的要因について私見を述べてみたいと思います。

外交面ではテロ特措法、国内関係では内閣支持率の低下が大きいと考えます。

まずテロ特措法ですが、これについては安倍首相に対してアメリカ側からの(有形無形の)圧力があると見るのが妥当でしょう。給油活動の終了は、アメリカにとっては大きな痛手です。
1.軍事費の増大
2.イギリスが後ろ向きな姿勢を示す中で、日本にまで抜けられると、国際的な孤立を印象づけてしまう。

そこで、アメリカとしては是が非でも給油活動を継続して貰わなければ困ると言えます。日本としても、日米関係を維持する観点・国際協力の観点から協力したい(あるいは「せねばならない」)と考える人は多いでしょう。しかし参院では「ねじれ」によって、テロ特措法に反対する野党が多数を占めている…安倍首相はほぼ「手詰まり」と考えたのではないでしょうか?

※「新法」形式にして、衆院の再可決を狙うことももちろん可能ですが、その場合は衆院における自民党多数の状況が全国に向けてアピールされることになります。その後の衆院選にとってネガティブに働く可能性も大いにあり得ます。常に「解散」が意識されている昨今の政局の中で、このカードを切るのはあまりに危険なんですね。基本的には法案の「継続」で動くしかないと推測します。


そして、国内的には内閣支持率の低下です。

派閥な地方地盤の力が弱まった以上、首相の最大の後ろ盾は「国民の支持」です。「国民の支持」を端的に現す支持率が低下した状態では、どのみち衆院選で敗れてしまい自民党敗北~首相の座を追われることになってしまいます。自民党は、内閣支持率がなるべく高い状態で選挙をしたいというのが本音でしょう。しかし、一連の問題(「政治とカネ」「年金」など)が間断なく出る状況では、支持率の不要がおぼつかないと判断したのではないでしょうか??


さて、最後に次の総理総裁についてですが、これについては福田氏が優勢なようです。福田氏になった場合、例え「改革」という旗印を掲げたとしてもその内容は、安倍政権のそれと変わる可能性があります(これまで、安倍政権にはタッチしていないので)。ただ、福田氏の政策路線は管見の限りでは必ずしも明らかになっていませんし、福田氏も「町村派」なんですよねぇ。

個人的興味としては、小泉チルドレンと小泉氏の動きです。産経新聞では小泉氏温存論についての報道もありましたし…。

小泉チルドレンも安倍政権になってから存在が見えなくなりましたね。「造反組」が復党する中で彼等の生き残り戦略が気になります。


今回はあんまりうまい分析ができなかったなぁ…。すみませんm__m


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 安倍晋三
ジャンル : 政治・経済

安倍首相辞意表明

こんばんは、シタン先生です。


いやはや、これから予想もしないことが起こるとは思っていましたが、これは流石に予想外。

自称政治系ブログをやっている者として、今回のことを事前に見抜けなかったことが少々悔やまれます。ってか、この事態を予見できた人は正直凄いっす。

ってことで、毎回事後的で申し訳ないのですが、今回は安倍首相辞意表明の背景について考えてみようと思います。


考えざるを得なくなりました…。皆様のご意見もお聞かせください。


まず、前提として一つ考えているのが「シーソー理論」です。

というのは、「続けたい(続けなきゃいけない)」気持ち(状況)と、「辞めたい(辞めなきゃいけない)」気持ち(状況)が、安倍首相の中でせめぎ合っており、後者が前者に勝ったときに今回の事態が起こったということです。

「辞めたい(辞めなきゃいけない)」気持ち(状況)
・「美しい国」造り、「拉致問題」、憲法改正を始めとする安倍首相の念願
・つい最近、続投の意思を表明したばかりであること(「面子」)
etc.

「辞めたい(辞めなきゃいけない)」気持ち(状況)
・健康問題(ストレス)(与謝野氏が示唆)
・内閣支持率の低下~衆院選の苦戦予想
・テロ特措法継続の困難さとアメリカからのプッシュ
・内閣閣僚らの「政治とカネ」問題(※一部週刊誌が、安倍氏自身の「政治とカネ」問題について安倍氏に取材を申し込んでいた模様)
・自民党内部の足下のぐらつき
etc.

もろもろの事情を勘案した結果、安倍首相の中で「辞めたい(辞めなきゃいけない)」気持ち(状況)が勝ったのではないでしょうか?

あとは、補足的ではありますが、現状が苦しくても彼の中で「希望」(将来、状況が好転するという)が残っているならば、今しばらく首相として仕事をするでしょうね。(これは、前者にプラスされるポイントですね)

また、某首相経験者が言われた「鈍感力」など、人によって、上記のような状況をどう解釈するかでもその行動は異なっているはずです。他の人が首相だったら、同じような状況に追い込まれたとしても、自ずと採る対応が異なってくるでしょう。
※個人的には、これが最も大きな要素なのではないかとも思っています…。



では次に、安倍首相の心の中で大勢を占めた「辞めたい(辞めなきゃいけない)」気持ち(状況)の中でも、とりわけ何が彼に辞任を決意させたか?が問題になりますが、これについてはまた後日アップしようと思います。


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!



ではではノシ

テーマ : 安倍晋三
ジャンル : 政治・経済

テロ特措法をめぐる安倍首相の発言について

こんにちは、シタン先生です。


テロ特措法を決める臨時国会が始まりましたが、その前に重要なニュースがありましたね。

テロ特措法が成立せず、海自が撤退することになれば、責任を取って安倍内閣が退陣との発言があったみたいです。
(記事はこちらこちら

日曜日のニュースで櫻井氏も指摘されていましたが、僕もこの発言には違和感を覚えます。そこで、今回はこの発言が意味するところを考察しようと思います。



まず、この発言に僕が違和感を覚えた理由です。

・なぜ、辞任とも取れる発言をしたのか?

・なぜ、その発言をこの時期に行ったのか?




この発言から導き出される可能性としては、以下のようなものが挙げられると思います。

①「単に安倍首相の決意を示した」説
 端的に言えばリップサービスであり、実際の所辞任は考えていない。それをマスコミが拡大解釈した。
(反論)
今回の発言要旨からして無理がある(∵記者のだめ押しの質問にも答えている)。参院選において、自らの発言の重大さ(記者や一部議員は重大な意味として首相発言を捉える)については理解しているはず。


②「本気で辞める」説
・アメリカからの強烈な突き上げ。
・法案不成立だった場合の自民党内部の反発、首相責任論の再燃。

a.「やめたい」説
 参院選直後から昨日までの間に心境の変化があった。ここ最近は、辞める口実を探しておりこのような発言になった。
(反論)
参院選における与野党の逆転によって、テロ特措法の成立が厳しくなったことは参院選直後から指摘されていたことでもあり、安倍首相が認識していないはずがない。また、最近内閣改造があったが、なぜ内閣改造直後にそのような事態になるのかがうまく説明できない。

b.「辞めざるを得ない」説
 テロ特措法が成立しなかった場合、政権を存続できないような理由がある。
(反論)
参院選における与野党の逆転によって、テロ特措法の成立が厳しくなったことは参院選直後から指摘されていたことである。また、テロ特措法に首相の進退を左右するような力があるのかが疑問(少なくとも参院選における敗北程度では安倍首相は辞任する気はなかった訳だが、それ以上の意味がテロ特措法にあるのか)。加えて、今回の発言が民主党の結束を強める意味があることも容易に考えつくはずである。


あと、最近浮上した可能性としては以下のようなものが挙げられます。①や②とは少し切り口が違いますけどね。
③「衆院で再可決するから大丈夫」説
 (反論)
 前例がない。野党の議会戦術によっては、審議未了~廃案にもっていかれる可能性有り。 



すみません、これ以上考えられないっす><。どの見解にも不明確さは残りますが、少なくとも①はないと思っています。


まだまだ、穴のある考察なので皆様のご意見をお聞かせくださいmm


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

「新世紀エヴァンゲリオン新劇場版:『序』」感想

こんばんは、シタン先生です。


先日、某友人と新世紀エヴァンゲリオンの劇場版を見てきました。

ってことで、今回はその感想です。

なるべくネタバレしない程度に書きますね。





<シタン先生の感想>
【序盤】
個人的にはイマイチ。少し展開が早すぎます。もう少し、人物描写などを丹念にするべきだったのでは?
基本的には、原画修正+総集編って感じ。それでも、初号機起動シーンでは手に汗を握りました。

【中盤】
戦闘シーンあたりですが、画は綺麗ですね。

【終盤】
一気にボルテージが上昇、戦闘シーン、人物描写とも素晴らしい出来。危うく泣きそうになりました。ってか、隣に座っていた友人は泣いていました。

※以下、多少ネタバレ有り
テレビ版と比較した場合、今回の映画は後半部分からはほぼ新作といってもいいでしょう。前半部分でも所々新作とおぼしきシーンが散見されますが。ただ、前半で個人的にツボだったシーンがカットされていたのが何とも残念でした(テレビ版で言うところの、ミサトが電車に乗ろうとするシンジを迎えに行くシーン)。

【EDテーマ】
宇多田ヒカルさんの曲の中で久々のツボです!!

【次回予告】
なんじゃ、こりゃぁぁあああ!?


エヴァ好きの方は是非見て下さい。テレビ版を知らない方は…あんまり見たところで面白くないかも^^;


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン
ジャンル : アニメ・コミック

台風9号

こんばんは、シタン先生です。


関東地方に台風が接近しているみたいですね。

このブログを御覧になっていて、関東地方にお住まいの皆様、本当にお気を付けください。都市部は土砂崩れとかはないでしょうが、洪水など予想外の事態がありますからね。

それにしても、いつも思うのが、関東地方に台風が来ると普段以上にマスコミ(テレビ)が報道しますよね。まぁ、普段それほど来ない分、注意を喚起するという趣旨なのでしょうが…。

でも、台風はなめてかかったらいかんですよ!今でこそ違うのですが、高校時代までは台風の通り道に住んでいたんで、分かるんですが、風雨が弱いと思って買い出しに行ったら、直後に強まり足止めを食らうこともありますよ。

最後に…皆さん、台風が来るとき窓の外や台風情報を一晩中見たりしませんか??(笑)


ではでは、お気を付けくださいノシ


応援クリックよろしくお願いします!!


テーマ : 台風9号
ジャンル : 日記

遠藤農相辞任問題に思うこと

こんばんは、シタン先生です。


最近、身の回りで色々なことが変わりつつあります。


就活だったり、出会いや別れだったり、新たなチャレンジだったり。

あと一ヶ月、しっかりと頑張ろう。


さて、今日は遠藤農相の辞任についてですが、思うところがないわけではありません。

それは、「国会対策」の必要性から、就任間もない大臣が実質的に更迭されたということの意味です。

一昔前の自民党政権ならば、そのような事態はそうそうあり得なかったはずです。ですが、現在は、野党が参議院で多数になったために、政府与党も配慮せざるを得なくなっています。また、地方組織が弱体化する中で、より無党派層に訴えべく政治家の「クリーンさ」をアピールする必要性が生じているのかもしれません。

そのような昨今の状況を踏まえると、次の国政選挙を十把一絡げに「揺り戻し」と予想することも出来ませんね。国内政局、外交もまた然り。

今後も、従来の常識からは考えられないような状況が起こってくるのかもしれません(まぁ、05衆院選における自民党の大勝、そして07参院選の自民党の大敗も、個人的には予想を超えた事態だったのですが)。

その一例が、平沼氏の誓約書なしの復党でしょうか…(記事はこちら)。

まぁ、人によっては「今さらそんなことに気づいたのか?」と言われてしまいそうですね(苦笑)

僕の指導教官がよく仰るのが「政治は合力」、つまりさまざまなアクターの様々な行動、そして様々な政治状況が組み合わさった結果、政治が当人たちもが予想しなかった方向へ進んでいく(流れていく)というものです。

今後は、政治が混迷しそうな…漠然としてますが、そんな気がします。

とりあえずは、地道に情報収集に努めたいと思います。

面白い出来事等ありましたら、是非コメントして下さい。


あぁ、本を読んでないなぁ…。レビューが出来ない><


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 安倍政権
ジャンル : 政治・経済

帰宅しました。

こんにちは、シタン先生です。


さて、最近のニュースと言えば、遠藤農水相の辞職問題でしょうか。

…。

書くこともないので、今日はこれまでです(マテ


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

『昭和史探索Ⅰ』レビュー

こんにちは、シタン先生です。


えー、今日から9月ですね。…すみません、それだけです。


週末のレビューですが、半藤一利氏『昭和史探索』の一巻についての簡単な感想を。



半藤一利編著『昭和史探索Ⅰ1926ー1945』ちくま文庫、2006年。

昭和史探索〈1〉一九二六‐四五 (ちくま文庫)
半藤 一利
筑摩書房 (2006/12)
売り上げランキング: 105938


<本書の紹介>
史料を基に「当時の情勢、時代の空気を一年ごとに分析した」本。


<第1巻の内容>
昭和天皇の即位
金融恐慌
東方会議
張作霖爆殺事件(及び田中内閣の倒壊)
浜口雄幸内閣の船出


<シタン先生の評価>
史料に忠実でありたいという筆者の問題意識は理解できるが、だからといって史料の全文をのせるのみで殆ど解説がないのでは、十分に「分析した」とは言えない。ただし、この当時を多少知るものにとっては史料の全文掲載は有益である。

個別的なことについて言えば、田中内閣の倒壊に関する天皇の行動についてはもう少し違った見解があったように思われる。(井上清氏らの著作に何か書いてあった気がします)←うろ覚えなので、あんまり信用しないで下さい。


すみません、短いレビューで。ですが、私が一読した限りで持った感想は、上記の一文目に尽きます。ただ、この時代について勉強している立場から言えばうれしいんですよ。面白いですし。けどねぇ…個人的には筆者の方法論に釈然としないものがあります。ただ、一巻を買ってしまったので、最後の最後まで読み切ろうと思います。僕の勉強に関して、史料的厚みが増すことは事実ですから。


さて、それではバイトにいってきます。

皆さんも楽しい週末を過ごしてくださいね!


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。