スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済関係の本(2冊)レビュー(その2)

こんにちは、シタン先生です。


クライスラーが破産法を申請しましたね。また一方では、豚インフルエンザがフェーズ5にまで拡大しています。

風雲急を告げるとはこんな状況のことを言うのでしょうか…。

ただ、シタン先生はNEETに限りなく近い大学院生にすぎないので、日々自分ができることをやろうと思います。


さて、今回もシタン先生が最近読んだ本を簡単にご紹介しようと思います。

今回も経済関係です。

現在目の前で起こっていること、そして変わりつつある世界を正確に把握するのが今求められていることなのではないかと思うので。

では、いってみましょう。


原田武夫『計画破産国家 アメリカの罠――そして世界の救世主となる日本――』講談社、2009年。
元外交官による、インテリジェンス(正確に言うならば公開情報からのOSINT)の観点から現在の経済情勢を解説した著作。そのポイントは、題名にあるが如く、現在の経済情勢下におけるアメリカの行動は「国家破産」に向けて予め計画されており、その後は北米に共通通貨が誕生する。そしてそんな中、2010年ごろに日本に金融バブルが訪れるという点にある。
アメリカが自らの国益のために、計画的に国家破産を引き起こす。著者はそのテーゼをシンクタンクなどから発行される文書を基に導き出そうとする。個人的には、なかなかイメージしにくいという印象であり、論証の点にも疑問がある。これは、読み手にもよるだろうが、筆者の問題意識に引っ張られすぎているような気もしないではない。
ただし、目下の経済状況の中でただアメリカが没落していくという考え方(シタン先生もそうかなと考えていた)が、一方で偏っていることもまた事実である。アメリカもこの状況を打開し、あるいは利用する形で国益を達成しようと知恵を巡らせること自体はきわめて合理的である。もちろん、この論を延長させていきつく先は所謂「陰謀論」なのだけれど。それでもなお、筆者の視点には学ばされた。

評:3.5(インテリジェンス関係に興味がある人はお勧めできると思います)




浜矩子『グローバル恐慌――金融暴走時代の果てに――』岩波新書、2009年。
サブプライム問題そしてリーマンショックに端を発する「グローバル恐慌」の発生過程、歴史的特性、その後の展開と提言など総合的に描かれた一冊。比喩が非常にうまく、わかりやすい点で入門には最適。
ただ、個人的には昨今の「グローバル恐慌」はモノとカネが乖離しているというのは確かにそうなのだが、それはそれ以前の恐慌にも当てはまるもので、「グローバル恐慌」の特性とのみは言えないのではないだろうかと感じる。また、金本位制のもとでは資金供給が十分になされない点で恐慌がおこりやすかったと議論を展開するが、本当に金本位制のもとでも紙幣を増発する試みは行われなかったのだろうか?第一次世界大戦後のドイツのインフレとその後のデフレはどう解釈されるべきなのか?そもそも、当時のドイツは金本位制ではなかったのか?金本位制=資金供給が十分でないという固定した考え方についてはやや違和感を覚える。

評:4.5(これは読んでおくべき一冊)




今回初めての4.5が出たかもしれません。4以上はあまり出さないようにしている(反対に3以下も出さないようにしている。喧嘩になるから 笑)のでこれは本当にお勧めしたいという意味です。個人的には、岩波の最近の編集方針に違和感を感じていたのですが、わかりやすいのもそれは一つの美徳ではあるのだと再認識。

今回も読んでくださりありがとうございました。


ではではノシ

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

経済関係の本二冊レビュー

こんにちは、シタン先生です。


今回は、予告通りここ最近で読んだ本の中から、経済関係の本を2冊ほど紹介します。


長谷川慶太郎『それでも、「平成恐慌」はありません。』WAC出版、2009年。
おそらく長谷川氏の最新の著作。有名かもしれませんが、さまざまなイシューに対して非常に楽観的な方。そして、国家経済全体・経営といった立場から、昨今の情勢を評論していきます。非常にわかりやすい議論を展開されています。
ポイントとしては「米国の時代」は続く。そして、日本には技術力があり、その点で日本は恐慌にはならない。また、昨今の情勢に関連して、派遣切りは経営陣の努力ととらえるべきである。以上のようなことが書かれてあったように思います。
最近は悲観的な本が多いので、そのような流れに抗するという問題意識が筆者にはあるようですが、確かに異なる見方を吸収するという意味ではお手頃でしょう。

評:3(氏の予測が当たってくれることを切に願うばかりです)





藤井厳喜『ドンと来い! 大恐慌』ジョルダンブックス、2009年。
以前、シタン先生が注目していたエコノミスト。その後とある一件からしばらく氏の著作からは遠ざかっていましたが、今回久しぶりに読んでみました。昨今の恐慌に関する本のなかでいえば、長谷川氏ほどではないですが比較的楽観的です。
とにかくわかりやすく、読者に対して語りかけるように議論が展開していくのが最大の特長。ポイントとしては、タイトルからわかるように「恐慌おそるるに足らず」ということです。その理由としては、日本の円高、そして技術力・国債といったところでしょうか。個人的には、要所要所で考え方の違いがあった一方で、「対談」など非常に勉強になり励まされる個所もありました。また付録も充実。これから、もう一度、氏の著作を読んでいこうと思います。

評:3.5(表紙のインパクトに押されてしまうかもしれないが、内容は面白い。また、昨今の恐慌関係の本に対する氏なりのレビューもあり、非常に有益。お勧めします)






最近日本の経済成長率がマイナス6.2%との発表がなされましたね。ユーロ圏やアメリカよりも悪いとはどういうことでしょうか?シタン先生はそもそも、経済成長率とはいったい何を基準に設定されているのかというところすらよくわからないのですが…。この事実について、今回取り上げた二氏はいかなる見解を示すのか。非常に興味があります。あくまでも数値の上ですが、アメリカを下回っているのですから。

関連記事(MSN)はこちら


ではではノシ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『劇場政治の誤算』レビュー

こんにちは、シタン先生です。


眠いです。体調もあまりよくありません。

どうしたものか…。まぁ、日頃から偏った食事しかしていないことが一番の原因でしょうね。わかっちゃいるのですが…。


さて、今回はまたまた経済関係の本をスルーして、最近私が読んだ本をご紹介いたします。経済関係の文献については、現在進行形で読んでいる最中なので、もう少しお待ちくださいませ。

加藤絋一『劇場政治の誤算』角川oneテーマ21、2009年。
自民党の衆議院議員の近著。端的に言うと、新自由主義(具体的には小泉・竹中構造改革路線)批判そしてグローカリズムの提唱、そして筆者なりの自民党論。「自民党は使命を終えた政党」などと少々刺激の強い言葉も使うが、基本的にはていねいな書き口で非常にわかりやすい。
ただし、内容的に見れば、さまざまな場所でなされる、昨今の新自由主義や政府批判を一つにまとめたようでもあり、オリジナリティという点では少々物足りなさを感じる。わかりやすい議論であるだけに、著者の議論を批判的に受容する必要もあるだろう。それでも、政治家の著書としては所謂「良書」として位置づけてもよいのではないか。


評:4(著者の考え方に対して肯定的な人も否定的な人も、一度目を通してみるのがいいのではないか。リーズナブルで読みやすいのもgood)





今研究室なのですが、帰って夕食を食べないと…。そういえば、朝から何も食べていませんでした。

あ、新しいラーメン屋ができたらしいからそこにいってもいいなぁ…。


ではではノシ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『インテリジェンスの極意!』レビュー

こんにちは、シタン先生です。


大学院の研究室に新たな修士一年生が入り、しばらくたちました。日に日に慣れていってくれているようでうれしいです。かたや、私は三年目で慣れすぎなのかもしれませんが…。

大学院の講義(ゼミ形式)も本格的に始まりました。就職活動も終わったので、全力でゼミに取り組みたいと思っております。

話は変わりまして日本の政治に目を向けると、民主党の失点もあり、自民党が解散に向けて動き始めたようです。かくいう自民党も失点がないわけではありませんが、相対的なインパクトと考えるとやはり民主党側の失点なのでしょう。15日には首相と公明党との間で秘密会談があったようですし、これは近々解散なのでしょうか。ただ、もう任期も僅かしかない中で、いったいいかほどの意味があるのかと考えてしまうのは私だけではないはず。


さて、今日は最近読み終えたインテリジェンス関係の本をご紹介します。

黒井文太郎、ワールド・インテリジェンス編集部編『インテリジェンスの極意!』宝島SUGOI文庫、2008年。
黒井文太郎氏とインテリジェンスのトッププロ20人との対談集。昨今の北朝鮮情勢に対する識者の見方や、インテリジェンス(とりわけ公開情報を分析する手法)の各識者なりの方法論の紹介、さらにインテリジェンスの見地から見た日本の問題点などが紹介されています。メジャーになってきたとはいえ、少々読み手を選ぶような気もします。ある程度、インテリジェンス関係の著作を読んだことがある人なら、なるほどと納得して読み進めることができるのではないでしょうか。ただ、インテリジェンス関係の著作をそれなりに読んでいる、私個人としては物足りない気持ちがあったのも事実。基本的に、各識者は自らの著書でも同じことを言っていますからね。

評:2.5(内容は面白くないわけではないし、値段もリーズナブル、しかも読みやすい。ただし、初学者にはとっつきにくく、かといってそれなりに興味がある人には目新しさがないのではないか。)





実は、先日自宅のテレビが壊れてしまいました。さぞや、不便な生活かとおもいきや、なければないで意外に問題ないことがわかりました。毎日、新聞は読んでいますし、インターネットのニュース欄もあるので最低限のことはフォローできているかなと…。ただ、見たいアニメが見られないのは少々残念です。どのみち、学業や行事の関係でみれないことが多いのですが、ハナから可能性がゼロというのもまた悲しいものです。ただ、お金がね…orz


ではではノシ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

シタン先生の勉強記録(20080605-20080607)

こんにちは、シタン先生です。


ランキングバナーをクリックして頂けた方は、お分かりかとは思いますが、この「政治とアニメとシタン先生」リニューアル期間の一環としてランキングジャンルを変更しました。

これまでは、「政治」「本」というジャンルだったのですが、今回、ブログ開始当初にお世話になっていた「社会科学」に引っ越しました。正確には「学問」の中の一分野です。

読者の皆様、是非クリックしていって下さい。クリックして5秒くらい待って、ブラウザを閉じるだけです。簡単でしょ?(笑)
※1日1回有効です。


これで、シタン先生のモチベーションアップにも繋がります(笑)

次回リニューアル時期は少し間が空きますが、ブログの背景とサイドバーを更新しようと思っています。


それでは、勉強記録です。


6月5日
太宰治『斜陽』新潮文庫、1950年。

 「道徳」の「過渡期」における四人の滅び。そして、その美しさ。

斜陽 (新潮文庫)
斜陽 (新潮文庫)
posted with amazlet at 08.06.04
太宰 治
新潮社
売り上げランキング: 32453




6月6日
高橋進「Ⅲ 革命の波及とソ連・東欧関係」『世界』岩波書店、540号、1990年、32-36頁。

 「ブルガリア」、「チェコスロバキア」、「ルーマニア」における「革命」の進行についての比較考察。具体的には「市民社会の伝統と改革運動の歴史」という点が備わっていたか否かで、「東欧革命」の進展具合が異なるのだとしている。この考えについては或る程度納得。
「東欧革命」(個人的には、このような言い方が妥当かどうかは疑問)が同時代的に進行している中での論考である点を考慮すると非常に興味深いものがある。



6月7日
山内昌之『歴史と政治の間』岩波現代文庫、2006年。

 筆者の教養の深さを感じさせるエッセー・論考集。とりわけ、筆者の専攻分野である中東関係の分析は注目。個人的には、現在の視点から見ると、若干イラク戦争で甘めの見通しを持っている印象を受けたのだが、それは同時代的な制約として或る程度は仕方ないのだろう(また、一方で筆者は少しではあるが、現在のイラク状況に近いこともちゃんと指摘している)。特に、イスラエル問題は現在また注目を浴びつつあるので、この部分は読んでも損はないだろう。

歴史と政治の間 (岩波現代文庫)
山内 昌之
岩波書店
売り上げランキング: 326336



飯尾順「第4章 政治改革の定着―選挙制度改革と政党政治の再編」『政局から政策へ』NTT出版、2008年。

 やや長いが、これまでの章よりは面白い気がした。
 疑問点としては、政権交代を可能にするために小選挙区制が導入されたという経緯があるように思うのだが、結局現在に至るまで、それがかなわなかった(自民が野党に転落したときは正確に言えば、選挙の結果という訳ではない)のはなぜか。この疑問に対してもう少し説明をしてもよかったのでは? ※あるいは、まだ時間が経過してから問うべき問題なのかもしれない。しかし、一度は「大連立構想」も取りざたされている中で、政治の世界で小選挙区制に対する疑問という者がわき上がっているのではないか?
 また「竹下派」の扱いが、改革推進勢力としての「竹下派」と改革抵抗勢力としての「竹下派」がないまぜになっており読者に混乱を与えるのではないか?
 



今日は、これから修論構想の詰めとして参考文献を補充したいと思います。


ではではノシ


応援クリックよろしくお願いします!!

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

シタン先生

Author:シタン先生
少し回り道をしながらも、何とか内定にこぎつけた修士二年生のブログ。ぼちぼち更新しますよ。

コメント、トラバ大歓迎!
ただし、関係のないものについては予告なく削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。